臨時休業のお知らせ

2022/09/22

9月22日(木)ディスプレイ変えのため臨時休業いたします。

F/style ゴムが入っていないさらりとした綿の靴下

2022/09/15

やっと出来たか...とF/styleも大きく息を吐いていることでしょう。
もともと販売していた、ゴムの入っていない靴下シリーズが廃盤になってから数年が経っています。あれから、靴下はもうないんですか?と何度聞かれたことか。本来は昨年秋に当店で開催した展示に間に合う予定でしたが、もう少し試作したいとのことでさらに1年が経過しました。
ふたたびゼロ地点に立ち、新しい糸を開発するところからスタートした靴下作り。発起のきっかけになったのは新潟の栃尾で撚糸業を営む(株)本寅工業さんから「こんな糸を作ってみたのだけど」と試作中の糸を見せていただいたことがきっかけだったそう。豊かな水に恵まれた雪深い山間の盆地にある栃尾は繊維関係の関連技術(撚糸、染色、織り、編み、仕上げ加工)のすべてが揃っているテキスタイルの産地。栃尾の繊維業はポリエステルなどの化学合成繊維から、綿や麻などの天然繊維まで対応できる高度な技術を持ちながら、産地内のニット・織物製造との連携も深く、撚糸業側からの提案力があるところも魅了のひとつだと言う。
肌に直接当たる部分が綿になるように、伸縮役のポリエステルを綿糸でコイル状に巻きつけてカバーリングするという糸を開発するところから出発し、データのない特殊糸で靴下を編むということに挑戦。染色や編みはそれぞれ新潟のプロフェッショナルと三社協働で数年がかりで仕上げた。

私自身がしばらくの間入院し、ゴムの入っていない靴下というものに非常に助けられた経験があります。ベッドに入っていても意外と足先は冷えるから靴下は履きたいけど、長時間履いているとやっぱり足が痛くなりむくんでしまうんです。改めて、必要性とありがたみを感じたものです。消費者としては使い心地だけでなく耐久性や見た目にも求めるものは多いですが、トータルで理想的な設計を実現させた企業努力に拍手を送るとともに、作り手としての粘り強さに感服せざるを得ません。とんでもなく集中力のいる仕事であっただろうなあと想像しますが、きっと何度も頭を冷やしながら休みながらコツコツ積み上げて完成したのだろうと思います。 今回の靴下は以前より、テクスチャーがまず良いと思います。紙糸かのようなポコポコとした質感はさらっとしていて厚くも薄くもなく、空気を含んだ軽さを感じます。足を通してみて、いい!と思いましたが、実は経験上パッと見て良さは分かってました。
時々は経過を見せていただいていたので、ついにここに着地したか〜という感じ。
おすすめします。皆さん、たくさん履いてください! オンラインショップからもご購入いただけます。
ご購入は<こちら>から。

中本純也 展

2022/09/11

もうすぐ10年

2022/09/05

当店は2012年10月12日にオープンしました。
つねにドタバタしていて上り下がりの多い日常を送っているがゆえ、10年目といっても特別に変わり映えはしませんが、年は経ったなあとしみじみ感じています。
始めた当初は10年ぐらい続けれたら良いほうかな、ぐらいに思っていました。軽く考えていたのは、まず前職で担当していた物販の仕事をそのまま自分流にやってみたらどうなるか、実験してみたかったから。もう一つは食い扶持を作りながら、その間にもっと自分の好きなこと・やりたいことを見つけられたら良いなと思っていたから。しかしながらあっという間に10年経っても迷走するばかりで、何もなし得ないまま時が過ぎてしまいました。
もう、こうなったら納得いくところまでこの仕事を続けようと思ったのがコロナで休業していた時。


話は変わりますが、当店の開業当初から、正確には前職のお勤め時代からのお客さまであるF夫妻が仕事を辞めてカフェ"Ottè"(オッテ)を始めることになりました。今まで開業の予定は一切なかったそうですが突然の方向転換。人って思い立った時の勢いとか運の巡り方がすごいもので、傍目に見ていても良いお店になるだろうな、と思います。直感的にそう思うのは、お二人がずっと自分たちのために好きなことに没頭してきたから。イタリアが好きで、pizzaが好きで、エスプレッソが好きで...。何度もイタリアを旅して美味しい食べもの、美しいものを見て集めてきたのだろうと思います。
現在は準備中で、ご主人はこれからpizzaを焼く石窯をつくるそう。奥さまのイタリア菓子を自己流にアレンジしたレシピも今まで食べたことのないタイプのお菓子でとても美味しい。そして凝りに凝ったエスプレッソも美味しい。全部美味しい...。
目的を持たずして好きなことに凝って情熱を注げるのは、肯定的な"好き"エネルギーの純度の高さだなあと思うのです。


また話は戻りますが、私はついに好きを仕事にする、ということが実は出来ませんでした。ただ振り返ってみると働くことが好きでした。たまたま縁がありついた小売の仕事ですが、どうしたらつまらない日常をもっと楽しく働き、生きていけるかを考えています。
どうしても性格上、嫌じゃないことを回避する発想からことを始めますが、ただ好き、という直球のエネルギーにはシンプルに勝てないな...と思ったのでした。そんなことがちょっと淋しく、羨ましくもあります。
たまには打ち消し戦法は止めて、自然に浮かんでくる好きなこと、好きな人のことを考えてみようと思った、秋のはじまり。

臨時休業のお知らせ

2022/09/02

中本純也 展の搬入搬出のため以下の日程で臨時休業をいたします。
ご迷惑をお掛けいたしますがどうぞよろしくお願いいたします。

9.8(木)〜9(金)
22(木)

臨時休業のお知らせ

2022/08/14

"iroiro"販売イベントの準備のため、以下の日程を臨時休業させていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。

2022年8月19日(金)

臨時休業のお知らせ

2022/07/18

店内の一部工事、メンテナンスのため以下の期間中お休みをいただきます。
ご迷惑をおかけいたしますが、どうぞよろしくお願いいたします。

2022年7月26日(火)〜8月3日(水)

掲載誌のお知らせ

2022/05/12

『 dancyu 』2022 / 6月号 “4時から呑む!”
に寄稿いたしました。

編集は杉渕水津さん、撮影は津久井珠美さん。
普段はあまり誌面に載らないイイお店、ある意味メディア的に紹介しづらそうな店もご紹介しております。ご協力いただいた皆さまに感謝します。

今回は編集部にご配慮いただき、文章も書いて良いですよ、そんな顔出しも無くて良いですよ、と自由にやらせていただきました。本業ではありませんが、やってみようと思ったのは面識のない編集者さんが色んなところから情報を得て私に辿り着いたらしいことが分かったから。店のSNSには直接宣伝と関係のない情報はあまり掲載しないようにしているので(泥酔している時のぞく)どうやらこの人は会食好きである、と勘付いたその嗅覚にお応えしました。
『 dancyu 』だから、まず”美味しい”お店を選んでいますが、味のことだけじゃなくて人とか店の在りようについても少し触れてます。いろんな好き嫌いがあるとは思いますが、やっぱりお客さんてハコに付くと思ってます。味だけでもなく人だけでもなく空間だけでもなく、総じて。だから、アイドルでも店でも、少々難点があったとしても、私は大抵"ハコ推し"なのです。

Kit ONLINEをリニュアールいたしました

2022/04/17

オンラインショップ(Kit ONLINE)をリニューアルいたしました。今までは韓国布団ibulと雑貨のショップが別々になっていましたが、ようやく一つのプラットフォームにまとめることが出来ました。まだまだ商品数が少ないですが、これから随時アップしていきます。1年前から実店舗の移転にあたってオフィシャルweb siteとともに準備してきました。
システムの構築とデザインは古美術 うまのほねの鎌田充浩さんにお願いしました。今回彼にお願いしたのは、紙やウェブ上のデザインだけでなく もの を扱う人ならイメージを共有しやすそうだと思ったからです。長きに渡りややこしい要望に応えてくださり、ようやく実現しました。
また、ibulの撮影は写真家の津久井珠美さんにお願いしました。本格的にオンラインショップを立ち上げるにあたり機材の揃え方や撮影指導もお願いしました。津久井さんとは歩粉さんのレシピブック『歩粉のお菓子』で一緒に仕事をさせていただいた時からのご縁です。ibulの使用画像も素敵に撮っていただきました。

実店舗の方もようやくお庭が完成したり、什器が揃ってきたりで、少しずつ落ち着いて馴染んできたように思います。
もともと移転をしたのは、オンラインショップを本格的に立ち上げたいという気持ちもあったからです。単純なカタログではなく、一つの小さなメディアのように情報を扱えるようなショップにしたいと考えていました。商品や買い付けについての記事もこれからたくさん書いていきたいと思います。
「メールマガジン」にもぜひご登録ください。お気に入りの人、店、もの、など購読者のための文章をご用意する予定です。

オンラインショップのカテゴリーの中に「Kit of parts」というコーナーがあります。これはもともとは別のものだった部品、素材と素材を集めてセットにしたもの。または加工したものです。画像は韓国の古い真鍮の匙・スッカラ に漆を焼き付けたもの。口当たりが滑らかで、独特の金属の味が消えるので繊細な食事にもおすすめです。あったらいいな〜、こうだったらいいのにな〜、と思うことをゆっくり形にしていこうという企画です。こちらは来月(5月)にアップ予定です。
Kitは部品、パーツ、素材、またはそのセットの意味です。オンラインの方も、そんな由来にふさわしいショップにしたいと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。



オンライショップはこちら https://kit-s.shop-pro.jp/

Kit オフィシャルアカウント
https://line.me/R/ti/p/%40193jioct
LINE ID : @193jioct

1月〜2月の変則的な営業について

2022/01/08

明けましておめでとうございます。 やんごとなき理由により、1月〜2月は営業日が変則的に金土日月のみになります。 ご迷惑をお掛けいたしますがどうぞよろしくお願いいたします。
IG TW
© SANKAKUHA inc.